メール時代の終焉!


ランキング『ポチ』っとm(_ _)m

こんにちは!緒方です。

昨日は、月末で忙しくてなかなか記事が書けませんでしたが

今日は朝から、バタバタですがどうしても書きたかったので記事にします!

 

最近、ニュースで多くの見られているかもしれませんが、

楽天のViber買収騒動。そしてFacebookのWhatsAppを買収騒動。

時代は大きく動く前兆でした。

いや、動き出しました。

ハッキリ言える事

『メールの時代の終焉』

これは、今までのメールでの企業間や個人間のやりとりが終焉を迎えると

私は考えています。

以前にも、記事でチャットワークの記事を書きましたが、

企業間のメールをチャットワークでやりとりすることが増えた当社でも

メールのやりとりは、現在非常に少なくなっています。

個人を見てみましょう。

2年前と現在を思い描いてみてください。

携帯電話ではメールのやりとりが盛んでした。

ショートメールから大容量のメールのやりとりが可能になり、スタンダードになりました。

ですが、ここにきて、メールからチャットへのバトンタッチが行われているのが現状です。

個人では、スマホを利用者でメールを利用している人は全体の40%近くまでも下がってきている。

その理由としては、LINEやカカオトークなどのチャットアプリが普及してきているからです。

そして、これからは個人だけではなく、企業でも本格的にメールからチャットへの移行が

行われると考えます。

これは、業務の効率化にも使えますが、それだけにとどまることはないでしょう。

昨日、LINEの発表で

「BEYOND LINE」をテーマに3つの新サービスを発表

1, LINE 電話/LINE Call

これは、LINEで一般電話や携帯に電話ができるようになるサービスです。

それも、料金は激安です。

 shk_line05

携帯キャリアが現在提供している料金形態は1分で40円かかります。

それが、14円(携帯宛て)一般電話に向けては3円!

これは、携帯業者にしてみたら脅威でしかないですね。

最近、楽天がアプリで楽天でんわアプリを利用して料金を安くしようと

言っていましたが、これはLINEがこのサービスを提供するとなると

LINEの圧勝で終わることは目に見えています。

今回、 楽天がViberを買収しましたが、日本国内でのサービスをどんな

サービスで展開するにしても、LINEの戦略に勝る動きはかなり、難しいと考えます。

 

2,LINE ビジネスコネクト

このサービスも驚異的なサービスなんですよね。

例えば、このサービス機能を応用することによって、公式アカウントへピザのスタンプを

送信するだけで宅配ピザの注文ができたり、レンタルしていた商品の返却日前日にLINEで

通知を送ったり、LINEから位置情報を送信してタクシーの手配をしたりするなど、

様々な可能性が広がります。

このサービスは主に企業が個人に対するビジネスの観点で見ると非常に魅力的な

サービスと今は言っておきますが、可能性はまだ未知数ですね。

サービスの詳細が見えてくれば、大きなマーケットが開けると思いますね。

 

3,LINE Creators Market 

これは、簡単に言うとスタンプの一般個人も販売できるように開放するサービスです。

個人のクリエイターの大きな収入に繋がるサービスだと思いますし、これは、スタンプのクオリティを

上げることに繋がるでしょう。

今後が非常に楽しみなサービスです。

 

上記のサービスが今回のLINEの発表として上げられました。

昨日の発表は、かなり大きなイノベーションを起こすと思います。

当社もいろいろなビジネスマーケティングで利用していきたいと考えます。

 

 

ランキングに参加してますので『ポチ』っとお願いしますm(_ _)m

⇐緒方の今の順位は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です