iPhoneが心肺停止しました……緊急オペを開始します!


 

緒方です。

実は昨日iPhoneが心肺停止しました……..(T_T)

10月は、正直かなり忙しい一ヶ月の始まりでした。
セミナー事業の立ち上げ準備、BUYMA大学のコンテンツ拡充に
直販事業の年末商戦の戦略とやることが山積みで月初から休みなく
活動してきたのですが、やっと、昨日山場を超えて気を抜いたのがダメだった^^;

睡眠時間もほぼ3時間〜4時間で活動していたので睡眠不足もあったのか
風呂場で気がついたら寝てしまったのです。

私は、風呂にはいる時もスマホやタブレットで情報収集などをしながら
ゆっくりと風呂に入るのですが、昨日は超お気に入りのiPhoneを
片手にしっかりと握っていたのですが、意識がとんでいた数秒で
風呂に水没!

『ポトン!!』

その音で意識が復活しました。
すぐにiPhoneがないことに、気がついた私は風呂に沈んでいるiPhoneを
救出しました。

たぶんですが、救出するのに動揺していたこともあり何度も風呂の中で
iPhoneを掴み損ねたりしていたので、4秒位は風呂に沈んでいました。

救出後に、早々に風呂を出て、iPhoneをタオルなどでしっかりと拭き取りましたが
少しすると、iPhoneに異変が!?

url

↑上記はイメージ図です。《動揺しているのに悠長に写メを撮っている余裕はありません(笑)》

こんな、縦線が画面に現れたのです。

『ヤバイ!』

iPhoneを水没させた事がある方は、わかると思いますがこの状況はiPhoneの心拍数が
急速に落ちていることを表しているのです。《人間で言えば心肺停止寸前です!》
即時、iPhoneの電源を落として、オペに入りました。

実は、私は過去にも何度も水没したiPhoneを救っているのです!
すぐに、まずは深呼吸をします。
冷静さを保つことがとても大事です。

焦ってパニクると、iPhoneは死亡します。
水没してからの、時間もとても大事です。《15分くらい以内に対処が必要》
iPhoneは水没しても、はじめは普通に動きますが、5分くらい水を拭きとっていると
上下左右に動かすことで、基盤に水が侵入して電気が走っている基盤と水が触れて
ショートすると、iPhoneは死亡します。
上記の画像の、縦線が出ている状況はまさにその前兆で現れる現象なのです。
なんで、水没したiPhoneを、タオルなどで水分を拭きとって普通に動くからと
言ってそのまま普通に使っていると、内部に入った水が基盤と触れてショートすると
その時点で、iPhoneは死亡します。

なんで、水没したら即時水分を拭き取るのですが、本当はその前に電源を落とす事を
オススメします。
その後、表面の水分をしっかりと拭き取り、iPhoneの内部に水が侵入しそうな場所も
しっかりと、ティッシュなどで細かく拭き取りましょう!
その後は、誰でもできる緊急オペを行って下さい!

てな訳ですぐに、私はiPhoneを手術室《キッチン》に移動させてオペを開始!

電源を切る際に、縦線が画面に現れていない状況であれば、70%の確立で
救済できると、私は信じています(笑)
縦線が現れている状況では、50%の確立に下がってしまいます。
※この方法で、確実にiPhoneが直る事はお約束できませんのであしからずm(_ _)m
※この手法で、iPhoneが直らない・逆に壊れたとしても責任は負いません。

では、オペの内容ですがまずは下記の物を準備して下さい。

【オペに必要な物】
・普通のタオル
・電気窯《ご飯を炊く用》
※ガスのご飯を炊く釜ではできません!

オペの内容ですが、まずはタオルを机の上に開いて下さい。
そのタオルの真中に水没したiPhoneを置きます。

20151025042357

そして、左ハジからタオルを折りたたんで、スマキにします。

20151025042425

スマキにしたら、下記の画像のようにだし巻き卵のようになると思います。

20151025042450

上下の部分を真ん中に向けて、巻き込んで下さい。

20151025042507

これで、完成です。

5a89f9d1


この状態になったら、電気窯を開けて下さい。
ご飯はすべてキレイに洗ってから、内釜もセットしてこのiPhoneを包んだタオルを投入します。
この際に、タオルの上記の画像の巻き込んだ面を下にしておいて下さい。

できる限り、iPhone本体を内釜から離した状態を作ります。
※内釜にiPhoneを直接入れると温度が上がりすぎるので壊れます!

電気窯の中にiPhoneの入ったタオルを入れたら電気窯の蓋を締めてください。

ここからが、とても大事な部分です。
普通ご飯を炊く場合は、米を綺麗に洗って電気窯をセットしたら炊飯のボタンを
押すと思いますが、iPhoneを入れている状態でこれをやったらiPhoneは間違いなく
基盤が溶けて、壊れます!

では、電気窯にiPhoneをセットしたら何をするのか?

電気釜の、保温のボタンを探して下さい。
そして、保温のボタンを押して下さい。

これで、手術は完了しました。

電気釜の保温は、ご飯が炊けたら自動で電気釜が温かい状態を保つために
ご飯を適温に温めてくれます。
この温度が、iPhoneが水没した状態では、水分を完全にトバすのに最適な温度なんです。
※電気釜によっては、温度が異なる場合がありますので直る補償をするものではありません!

そのまま、12時間ほど放置して下さい。
12時間したら、電気釜の中のタオルを取り出しiPhoneを取り出して下さい。
iPhoneを取り出す際は、ご注意下さい!
iPhoneは、かなりの高温になっていますので直接は触らないほうが良いでしょう。

そのまま、2時間ほど放置しておくとiPhoneの温度が下がってきますので、
通常温度になったら、iPhoneの電源をいれれば、運が良ければ、iPhoneが復活していると思います。

私は、この手法で、iPhone5を1台と5Sを復活させています。

他に、よく水没したiPhoneを復活させる方法として米びつに突っ込む!
米が水分を吸い取ってくれるなど、消毒液の中にiPhoneを浸すなど
いろいろな手法があると、思いますが私が知る限り直る確立は非常に低いと思います。
直ったとしても、かなり時間がかかると思います。

私は、iPhoneが大好きで、会社の事業でiPhoneを販売していた時期もあるほど
iPhoneが大好きです。

なんで、この情報で皆さんの水没したiPhoneを救う事ができれば幸いだと思って
情報をシェアさせていただきましたので、お役に立てたら嬉しいですね^^

ただ、上記にも記載しましたが、この手法はあくまで私が行ってうまくいった方法ですが、
効果を保証するものではありませんし、上記の方法でiPhoneが壊れたとしても補償はできませんので
ご了承下さいm(_ _)m

少しでも、多くのiPhoneを救うためシェアやリツイートして頂けたら幸いです(*ノω・*)テヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です