ソフトバンク新料金プランの落とし穴!?


こんにちは!緒方です。

今日はビジネスに関わるソフトバンクの話をしたいと

思います。

ブログを楽しんで頂けたらと

思いますが、、、その前に

ポチッとして頂きますと本当に嬉しいです!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
コチラのランキング『ポチ』っとm(_ _)m

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
いつも、ご協力を本当にありがとうございます!
m(_ _)m

 

ソフトバンクモバイル株式会社は1日、音声定額とパケット定額をパックにした

新定額サービス「スマ放題」を4月21日から提供開始すると発表しました。

ですが、このスマ放題プランですが、いろいろと調べていくうちにいくつか問題点も

あるのではと、ツイッターなどで話題になっています。

 

現在の料金プランではパケットに関しては7Gを超えると、速度が急激に落ちて

ネットを開くのも一苦労な速度に落とされていました。

巷では、ツイッターやメールぐらいしか使えないレベルに速度が落ちると

言われていますが、私も体験していますがこれは事実で、かなり速度が落ちます。

 

ですが、料金面に関しては定額制の金額のままで利用ができるのです。

どうしても、速度が耐えられないのであれば別途費用を払って追加でパケット料金を

支払えば速度が戻ります。

 

しかし新しい「スマ放題」ではパケット制限を超過すると、速度はそのままで、

使ったぶんだけ支払いが発生する従量課金制になっています。

つまり、人によっては気づかないうちに支払金額が高額に請求されてしまう、

いわゆる「パケ死」が発生してしまうのです。

 

さらに、従来のように低速通信するには、「あんしん料金オプション」(月額300円)に

加入する必要があります。

 

スマ放題プランは4月21日から提供開始ですが、既存の顧客のプランが勝手に切り替わる

事はないのでご安心下さい。

 

ショップなどでプラン変更をすれば既存顧客は切替が可能になるとのこと。

 

 

 

⇐緒方の今の順位は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です