闇の裏金が公開された!年間4827億円


こんにちは!緒方です。

 今日はヤミ献金について書きたいと思います。

ブログを楽しんで頂けたらと

思いますが、、、その前に

ポチッとして頂きますと本当に嬉しいです!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
コチラのランキング『ポチ』っとm(_ _)m

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
いつも、ご協力を本当にありがとうございます!
m(_ _)m

 

最近、政治家のお金に関わる大手企業からの

政治献金が非常にニュースで取り上げられています。

でも、これは政治家だけの話ではありません。


昔から、裏金で有名なのは政治家と。。

医者です。

以前の都知事の猪瀬さんから献金問題が

大きく取り上げられていますが、

これは、今に始まったことではなく

昔から、ずっと続いてきたことです。


ただ、最近は結構お金に関わることに関しては

かなり、厳しく法律などで規制されてきています。

特に、政治家は規制が激しくすぐに話題に

なりますので、下手打ったら政治生命の

危機にもなりかねません。

ですが、今だにオープンにされていない

業種が医師の裏金です。

最近では、製薬会社が年間で病院や医師に

支払った金額を公表するような動きが出ています。

でも、これは氷山の一角にすぎないと

言われています。


私の友達にも、医者の友達がいますが

裏話で、袖の下のお金の話をよく聞きます。

最近、公表されている。

昨年度の製薬会社から病院や医師に支払った

金額が年間4827億円が流れています。

合計で72社の製薬会社が公表した数字です。


4827億円の内訳は、新薬開発のための

臨床試験費用など研究・開発費2471億円

研究室への奨学寄付金や学会への寄付金など

学術研究助成費540億円▽医師個人への

講師謝礼や原稿執筆料など270億円


医師を集めての講演会や説明会の開催費など

情報提供関連費1428億円

接遇費など115億円。

金額が大きすぎて、公表されているだけでも

まったく、意味のわからない支払い項目が

多いのがわかります。

接待費で115億円って。。。。。


どんな接待してんだって思いますよね(笑)


製薬会社もこれだけのお金を払っても

儲かるって事は、薬がどれだけ高いか

ってことなんですよ。

結論、薬を処方されるのは我々消費者で

結果、消費者が医者や製薬会社の利益を

払っている事になります。

もう一度いいます。

接待費115億円です。。。

薬の値段が無駄なヤミ献金の為に

高くなっている。

こういったことは携帯販売でも

同じような事が起きています。

先日から、お話している他社から乗換たら

キャッシュバック7万円などでやり取りしている

お金ですね。

4月に入ってからは、終息を迎えましたが

結果既存のユーザーの毎月通話料から

払われている。

どの業界でも、こういったことが

まかり通っている現実があるんです。

非常に理不尽なことです。

まっとうに生きる人達が食い物にされて

いる現実を改善してく事が、少しでも

できたらと考える今日このごろです。

 

 

⇐緒方の今の順位は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です