流行りのMVNO激安SIM!docomoは通信回線の問屋さん!


こんにちは!緒方です。

 今日は携帯ビジネスで最近話題になっているMVNOについて

書きたいと思います。

ブログを楽しんで頂けたらと

思いますが、、、その前に

ポチッとして頂きますと本当に嬉しいです!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
コチラのランキング『ポチ』っとm(_ _)m

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
いつも、ご協力を本当にありがとうございます!
m(_ _)m

 

 「スマホの通信料金が高い」と悩んでいるユーザーは少なくありません。

NTTドコモが提供しているスマホ向けネット接続サービス「Xiパケ・ホーダイ フラット」の

通信料金は月額5700円です。

これに対して月額1000円以下という低価格でスマホのネット接続ができるSIMが普及。

年々低価格化が進行しています。しかし、この格安SIM、どのようにして価格が決まるのでしょうか?

 

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどは移動体通信事業者(MNO)と呼ばれます。

彼らには3GやLTEといった通信に使う周波数が国の免許で割り当てられているので

電波はいわば独占状態にあります。

これでは「通信事業をやりたい!」と思っても、誰も通信事業に参入できません。

そこで特にシェアが大きいNTTドコモは、NTTコミュニケーションズや

日本通信といった格安SIM企業に回線を貸し出すことで、擬似的な通信事業を実現しています。

借り受けて通信事業を行う事業者をMVNO事業者と言います。

MVNOの「V」はバーチャル。「擬似的」「仮想」という意味です。

 

docomoは通信回線の問屋さんで回線をMVNO事業者に売る。

MVNOの事業者は自社の利益をのせてサービスを展開するといった流れができています。

 

ただ、昨今通信回線の卸値は下がり続けているため、MVNO事業者は昔に比べると

初期コストをかなり抑えて事業展開が可能になります。

逆に、MVNO事業者も消費者に対して高い価格設定ができない現状があります。

理由としては、MVNO事業者が低価格SIMの販売で現在の市場が成り立っているからです。

MVNO事業者が通信回線を安値で仕入れているからといって儲かっているとは限らないのが現状です。

 

⇐緒方の今の順位は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です