気になるソフトバンクの動向


こんにちは!緒方です。

 今日は気になるソフトバンクの動向について書きたいと思います。

今日もブログを楽しんで頂けたらと

思いますが、、、その前に

ポチッとして頂きますと本当に嬉しいです!

      ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
コチラのランキング『ポチ』っとm(_ _)m

       ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
いつも、ご協力を本当にありがとうございます!
        m(_ _)m

 

 ソフトバンクは昨年7月、米国の携帯通信3位のスプリントを1.8兆円で買収したばかりで

さらに4位でドイツテレコム傘下のTモバイルUS買収をもくろんでいた。

ところが、2月3日に会談した米国連邦通信委員会(FCC)委員長は、

4社から3社になると競争環境が損なわれることを理由に突っぱねた。

3月11日、孫社長はワシントンDCに乗り込み、プレゼンテーションを行なった。

タイトルは「米国の無線通信業界の現状とグローバル競争の展望について」。

米国の通信業界のいびつさを訴えた内容だった。

 

今回孫社長は、まさかの逆襲をうけていると思う。

理由は、TモバイルUS買収がうまく進んでいないことだと思います。

まさかのTモバイルの躍進に、孫社長も驚いていると思いますね。

TモバイルUSの躍進が始まったのは昨年4月だ。

アイフォーンの取り扱い開始と同時に、業界慣習の契約期間2年縛りを撤廃。

一定額を支払えば、端末代金の残額を負担しなくても年2回まで新しい

端末を購入できる買い替え支援サービスや国際ローミングの無料化を発表、

他社ユーザー奪取に絞った戦略に打って出た。

その成果は目覚ましい。

通信収入の多くを占めるポストペイド(後払い)契約数は急増し、

2013年4~6月期、7~9月期ともに60万件超の純増を記録。

10~12月には86万件に拡大し、プリペイドなどを含めた純増数は164万件と業界首位の

ベライゾンに肩を並べた。

TモバイルUSジョン・レジャーCEOは、孫社長の代名詞「業界の異端児」を

全米を股にかけて行って注目を集めている。

こういった、注目がTモバイルUSの株価にも影響していることで

孫社長の予定を大きく阻んでいると思うのです。

更に、2月3日に会談した米国連邦通信委員会(FCC)委員長の発言。

かなり、荒れていますね(笑)

今回のTモバイルに関わる買収に関しては、親会社は米国の通信業界からは

撤退を考えているようなので、FCCがまとまれば買収が進むことは間違いないと

思いますが、問題は株価が上がったことでの資金繰りですね。

予定していた買収金額が遅れれば遅れるほどかかる。

今後の展開を楽しみにしたいと思います。

 

 ⇐緒方の今の順位は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です