ビットコインを生みの親サトシ・ナカモトとは?


ランキング『ポチ』っとm(_ _)m

こんにちは!緒方です。

 先日、記事に書きましたがビットコインの社長と銀行の音声データかなり

話題になっているみたいですね。

揉め事も起きているらしく、結構銀行でも問い合わせに対する張り紙何かも出している

支店もあるようです。

K10057853811_1403070908_1403070916_01

さて、今日はそのビットコインを生みの親は誰なんだ?

その話題がネット上で盛り上がっているようです。

結構、謎に包まれているらしくつい先日、

アメリカの週刊誌「ニューズウィーク」が本人を突き止めたと報じ、その真偽がネット上で話題になっています。

5年ほど前から運用が始まったビットコインは、インターネット上で自然発生的に作られた仮想通貨で、

「サトシ・ナカモト」という人物が書いた論文が基になったとされています。


ナカモト氏はこれまで謎の人物とされてきましたが、ニューズウィークは6日、

2か月にわたる取材の結果、本人を突き止め直接話を聞いたとする記事を

インターネット版に掲載しました。

この人物はロサンゼルス郊外に住む64歳の日系アメリカ人、ドリアン・サトシ・ナカモト氏で、

なんと!大分県別府市で生まれ、1959年にアメリカに移り住んだということです。


この人物は「今はビットコインの運営には関わっていないのでこの件について話すことはできない」と述べ、

ビットコインとの関わりについては答えなかったということです。


ニューズウィークは、サトシ・ナカモトという名前を基に公的な文書を調べて、

この人物に行き着いたとしていますが、本当にビットコインの生みの親なのかどうか、

インターネット上で話題になっています。

 

 

ランキングに参加してますので『ポチ』っとお願いしますm(_ _)m

⇐緒方の今の順位は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です